淡麗女子の美学

自分に正直に生きるという覚悟

全ての事柄に全力で生きていくというのは、なかなかに難しいことだけど、
全てのことを小手先だけで生きていくという人生も面白みにかける。
 
 
判断基準を「他人からどう見られるか」においてしまうと、
したいこともできず、言いたいことも言えず、
いかに自分を薄めて、どのように他人に気に入られて生きるか、
ということにフォーカスしてしまう。
 
 
言い方や、伝え方に配慮はしたほうがいいけど、
私は、常に自分に正直でいたいと思っている。
 
他人を配慮する気配りは、オトナのお作法だけど、
判断基準は、自分に置きたい。
 
 
仕事だって価値があることだから熱中できるし、
仲間や友だちだって、本音で話せるからいい影響をギブ&テイクできる。
 
 
なんてことを思ったのは、
ある落語会で桂春蝶さんが言っていたコトバに刺されたから。
 
「拙家も好かれよう(受けよう)とするよりも、いかに自分を出し切れるかが大事」
 
この艶のある響きは、春蝶さんだから出せるものなんだな。
 
誰かに好かれようとする【他人の基準】ではなく、 いかに自分を出し切れるかという【自分の基準】を大切に。
強さとしなやかさをもって、丁寧に生きていきたい。
 
 
 
 

 

関連記事

  1. 男同士が抱き合う姿に興奮した話
  2. 心と身体のバランスをとるために
  3. なりたい自分が見つからない
  4. 自分の触感を高める
  5. 私が惚れてしまった人の話。
  6. 選ぶのは結局、自立したイイ女。
  7. 不安や恐れがある人はラッキー。感情コントロールして幸せになる方法…
  8. 平凡コンプレクス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP