淡麗女子の美学

女性としての生き方を考えたとき

女性としての役割って、あるのかもしれない。

毎月のホルモンバランスに振り回されて培った忍耐力だったり、

出産できる能力だったり、

母性みたいなものだったり・・・。

 

でも、その役割って本当に必要?

 

確かに、

お料理ができるとか、

細やかな気遣いができるとか、

優しいとか、

色気があるとか、

世間的に女性に求められてるものも感じたりする。

 

 

でもやっぱり、女性の役割じゃなくて、自分の役割を考えたい。

 

自分で考えて、自分で行動する。

それって、当たり前のことだけど、

世間のステレオタイプに引っ張られて、素直にできない人もいるんじゃないかな。

 

 

人に依存したくなる時も、頼りたくなる時も確かにある。

それを認めて、自分がどうありたいか。

 

 

それを考え続けるのが、自分の人生を生きるってことなんじゃないかと思う今日この頃。

 

生きてる以上、社会に価値を提供できる私でいたい。

関連記事

  1. 平凡コンプレクス
  2. 私が惚れてしまった人の話。
  3. モテる人の共通点はジェンダーミックス。仕事も恋愛もモテた方が上手…
  4. やりたい仕事で生きて行くには空気は読んでも従わないこと
  5. 選ぶのは結局、自立したイイ女。
  6. 「絶対できるよ」と言ってもらえる人に会う
  7. 自分の触感を高める
  8. make your happy standard*

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP