淡麗女子の仕事・ビジネス

幸せな経営者考察~あなたは自分を受け入れてる?~

仕事柄いろんな経営者の方と会う機会が多いけど、
幸せそうに見える人と、そうでない人がいる。
 
幸せそうに見える人は、
自分を必要以上に大きく見せようとせず、
人の話をよく聞き、機嫌がいい。
 
そうでない人は、自慢話が多く、
自分の思い通りの反応が周囲から返ってこないと不機嫌になる。
 
 
数十億、数百億って稼いでいても、
幸せ度には差が出るんだなってつくづく思ったり。
 
お金だけではhappyは測れないんだな。
 
 
どこに差があるのかなって考えて、
最近行き着いた答えは、
 
 
<<そのままの自分を受け入れているか否か>>
 
 
だと。
 
 
つまり、
自慢話が多く、不機嫌な人って、
 
「もっと自分を尊敬して」
「自分を気にかけて」
 
っていうメッセージを発しているわけで。
 
「甘え」というやつです。
 
なぜ、甘えが強く出るのかというと、
強い劣等感を持っているから。
自分を受け入れられていない。
 
 
 
劣等感が強い人は、自信がないから、
自分を大きく見せる言動をとったり、
尊敬している人の弱点を見つけたとたんにアンチに転換したり、
他人のさりげない一言に大きく傷ついてしまったり、
常に人の目を気にしたり、
という特徴がある。
 
自信がないので、自分をバカにするような言動に敏感に反応する。
 
 
逆に自信のある人は、
人の弱点を含めて人を尊重する。
だから、人にやさしくできるし、
視野が広く、多角的な思考ができる。
 
 
自分を客観的に見て、自分の能力をきちんと理解できているから、
他人の評価を気にすることなく、他人と接することができて、
生きるのもとっても楽。
 
 
では、どうすれば自信が持てるのか?
 
 
それはとっても簡単で、自分をありのままで受け入れるだけ。
 
  
これができれば、お金という要素がなくても幸せオーラを出すことができる。
 
 
では、どうすれば自分を受け入れられるのか?
 
それは、自分の能力に気付くことが初めの一歩だと思ってる。
 
だって、誰しも、たくさんの能力を持っているもの。
そこを認めてあげてほしい。
 
 
* だれとでも気さくに話すことができる、
* パソコンを操作することができる、
* 場を盛り上げることができる、
* お料理を作ることができる、
* 犬と仲良くなれる、
* 決めたことは最後までやりきれる、
* 温かい人柄、
* 創造的な感性
* 教えるのが好き
   ・
   ・
   ・
などなど、すべて能力だから。
 
自分の能力を知って、
その能力に応じた生き方をする。
 
それが、幸せなビジネスを作る一つの要素。
 
だから、まずこの能力を見つけるのが、
自信を持つための初めの一歩。
 
 
自分の能力を認めてあげたら、次に、過去の悲しみを捨てること。
 
 
 
自信のない人は、
いままで、自分の劣等感を作ってきた、
ツライ時間があったはず。
 
 
幼少期の傷つき、
青年期の体罰、
悔しさ、不満、嫉妬、悲しみなどなど
 
それらを捨てて、生きる道具に変えるととっても前向きになれる。
 
そうすることで、人生に満足感を得られる。
 
満足するとは、自分の能力に応じた生き方をすること。
 
 
言葉にすると簡単だけど、
何歳になってもここを乗り越えられない人はいる。
 
 
幸せになるには、自分と向き合うことって、とっても大切。
 
自分の大きさを知って、ありのままを受け入れること。
自分の良いところも悪いところ含めて、
こんな私もありって思えたら儲けもの。
 
 
私も、ないものねだりをしている時代があった。
私にはこれがない、あれができない・・・。
生きるのつらいなって思ってた。
 
でも、私も、できること、知ってること、活かせること、
持ってるんだって気づいてから、
そのままの自分を受け入れられるようになった。
 
そうすると、人の言動にいちいち反応しなくなり、
生きるのがとってもラクになった。
 
 
そういう精神状態って、ビジネスにも直結する。
関わる人、取り組む仕事、結果すべてが変わってくる。
もちろん幸せ度も。
 
 
せっかくビジネスをするなら、
幸せなビジネスマンがいいよね。

関連記事

  1. 自分の放送局が持てる時代
  2. 自分の価値を安売りしない。
  3. 面白くない仕事から脱出するためにしたい質問
  4. 私の活動の原点
  5. ゴルフとビジネスの共通点
  6. 30代モンモン期脱出のためにわたしがしたこと
  7. 自分のビジネスを持てば幸せになる?
  8. 引き出しの多さは魅力の一つになる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP