淡麗女子の仕事・ビジネス

引き出しの多さは魅力の一つになる

昨日台湾のお土産をいただいた。
アクセサリーでも入ってるのかと思うような箱を開けると、台湾の形のケースが6つ。
なんとパイナップルケーキ。
よく見ると金粉入り☆

しかもこのケース、台湾の名所が紹介されていて、裏はマグネット。

冷蔵庫やホワイトボードにくっつけて使える仕様。

日常生活に置いておけるものって、常に目にして、密かに脳内シェアを獲得してたりする。

「それといえば、あれ」
みたいなね。

そして、フトした時に思い出してもらえる。

旅行行きたいなぁ、
あ、台湾は?
みたいなね。

今いろんな会社がカレンダーを配ってると思うけど、発想はそれと同じよね。

家に置いてもらえたら、その家族に対して1年間広告できるってことになる。

こういうマーケティング戦略って日常に溢れてるから、アンテナを張っておく。

看板だったり、電車の中吊り広告だったり、無料サンプルだったり、商品を買った時についてくるオファーだったり。

なぜここに?
なぜこれが?
なぜ私に?
なぜこのやり方で?
なぜこの会社が?

と考えてみる。
そういう積み重ねが、自分の引き出しになるから。

だから、自分のビジネスに活かせるし、アドバイスを求められた時にピンと来たりする。

モヤモヤしたときや、息抜きしたい時に、あの子をごはんに誘ってみようと思ってもらえたりもね。

淡麗女子は、引き出し勝負。

お役に立てたらシェアしてもらえると嬉しいです↓

関連記事

  1. 私の活動の原点
  2. ゴルフとビジネスの共通点
  3. 女性起業家のセミナーに行っても、女性起業家の本を読んでも 何をす…
  4. 女性起業家の本を読み漁ってしまう症候群
  5. 頑張りすぎちゃうあなたに脱力のススメ
  6. 面白くない仕事から脱出するためにしたい質問
  7. 自分に厳しくないと起業できない?
  8. 「道」という哲学

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP