淡麗女子の美学

自分の触感を高める

最近立て続けに
遠方から人が逢いに来てくれた。
  
自分が出張や用事で遠方に行くとわかるけど、
誰かと会う時間ってなかなか取れないし、
取れても1人か2人。
 
その貴重な時間を私のためにとってくれるって、
本当に有難いこと。
 
 
そんな時に思うのが、
 
「自分は相手に価値を提供できているのか」
 
ということ。
 
 
 
ここでいう「価値」というのは、
お金とか、知識とかそういうことではなくて、
 
一緒に居て「心地良い」とか、
逆に「刺激的」とか、
そういう「触感」なんじゃないかと思う。
 
 
その「触感」が自分の価値じゃないかと。
 
 
 
この触感を高めていくために必要なのが、
 
好奇心を持っていろんな人やモノに出逢っていく
 
ということ。
 
 
この出逢いを怖がったり、
避けたり、
言い訳をして逃げる人は、
 
自分を守るために枠を作って、
考え方が固執して、
触感がドロドロと溶けていっちゃう。
 
  
こうなると、自分と違う考えを批判して、
自己正当性を固辞しないと
心のバランスが取れなくなっちゃう。
 
 
I’m yes!
You are no!
 
どんどん人が逃げていっちゃう状態。
 
 
私は、いろんな価値観に出逢って、触れて
自分の感性を高めていきたいと思うから、
 
行ったことのない街や国に行ったり、
美しい絵画を観たり、
気になる本を手に取ったり、
美味しい料理をいただいたり、
揺さぶられる音楽を感じたり、
伝統的な芸能に触れたり、
新しいビジネスモデルを取り入れたり、
 
ということを意識的にしてる。
 

私の好奇心の向かうままに。
 
 
I’m yes!
You’re yes!
 
の精神。
 

世の中にはいろんな価値観があって、
見たことのない世界が広がってる。
 
 
そこに目をつぶるよりも、
違いが存在することを受け入れて、
自分の糧にしていく作業は、
自分の思想を磨き、高めていくことにつながる。
 
 
コレができるようになってから、
スゴク生きやすくなったし、
人生って楽しいものなのかも!って思うようになった。
 
 
今、自分の心が固執しているなと感じたら、
「みんな違ってみんなイイ!」
そう思うだけでも、
心がほぐれて、世界がカラフルに見えてくるよ。
 
 
いつもと違う道を通る。
いつもと違う電車に乗ってみる。
いつもと違うお店に入ってみる。
 
そういうことから始めて、
そこで感じる自分の気持ちに向き合っていきましょ。

関連記事

  1. いい女は時間をコントロールしてる。
  2. 「絶対できるよ」と言ってもらえる人に会う
  3. 選ぶのは結局、自立したイイ女。
  4. 外見を整えてもセルフイメージは変えられない理由
  5. 「道」という哲学
  6. 【どうしたらいいのか】ではなく、【どうなりたいか】を考える
  7. 常識なんて潰してしまえ。行動してみてわかることもある。
  8. make your happy standard*

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP