淡麗女子のメンタル

コンフォートゾーンを変えるというサイエンス~目的達成するために~

「何かを成し遂げたい」
「成長したい」
「自分を変えたい」
 
と思うなら、コンフォートゾーンを変えることが必要。

ということで、今回は、
【コンフォートゾーンを変えるというサイエンス】
について語りたいと思う。
 
 

 コンフォートゾーンって何?

 
コンフォートゾーンってのいうのは、負荷のかからない慣れた現状のこと。
例えば、朝起きて、着替えて、いつもと同じ駅から電車に乗って、会社に行って・・・
などのルーティーンワークがそれ。
慣れた行動は、どんどん頭を使わなくなる。
だから安心感や快適さを感じて、抜け出せなくなる。
 
例えば、起業したいけど、
家族が反対するから・・・
パソコンが苦手だから・・・
時間がないから・・・
子どもがいるから・・・
 
なんて言い訳をする人は、
今のコンフォートゾーンから出るのが怖いだけ。
だから、そこを抜け出ないための言い訳を後付けで作って正当化する。 
 
人間の脳ってそういう仕組みでできている。
だって、変わらない方が安全だし。
いつもと違うことするのって、エネルギーがいるし、ストレスだしね。
 
日本って、別に起業しなくても、仕事しなくても、餓死することはない。
だから、今のコンフォートゾーンから抜け出してしんどい思いなんて多くの人はしない。
 
多くの人がしないから、行動に移せる人は、ラッキーだよね!
 
 
どうして、自分を変えるためには、コンフォートゾーンを変える必要があるのか?
 
そのために、まずは【人は重要なものしか見ていない】という前提を知ってほしい。

 そもそも人は重要なものしか見ていない

broken-943413_640
 
私たちは、すごくたくさんの情報に日々さらされている。
でも、受け取ったと感じられる情報は、ほんの一部。
 
例えば、来客があったとする。
 
人によっては、青いボタンダウンシャツを着ていたという人もいるし、
そもそもシャツを着ていたことすら覚えていない人もいる。
 
はたまた、いつもより顔色が良かったなんてことを覚えている人もいれば、
カバンを持っていなかったとか、
今日の時計はブレゲだったとか、
靴が磨き足りなかったとか、
ちょっと太った、髪型が変わったなど細かいことに気付く人もいる。
上記のことには一切気づかないけど、話の内容からその人が大切にしている概念に気付く人もいる。
 
それは、人によって意識していることが違うから。
 
ファッションデザイナーだったら、青いではなく、サックスブルーだと認識することもあるかもしれないし、
Webデザイナーだったら、#2b7fa1番の色だなと思うかもしれない。
 
そういう風に、職業によっても見えているものは人ぞれぞれ。
 
 
* 社長とサラリーマン。
* 経営者でも、年収300万円の人と、3億円の人。
* お金が最優先の人と、愛が最優先の人。
* 利益最大化を目的とする人と、世の中のためになることを目的とする人。 
 
立場やライフスタイルによって意識するものは違うし、
見えてるものが違うのは想像できると思う。
 
人は毎秒何百万という情報の中から、必要な情報だけを受け取る。
それは人によって違うことはなんとなくわかるよね?
 
 
ほとんどの情報は消されている。
まずは、見ているものが全てではないという前提を知る。
 
 
 
では、どうすれば、コンフォートゾーンを変えられるのか?
それは、①目的を明確にすることと、②明確なビジョンを描くことから始まる。
 
 
 

 目的を明確にする

 
自分を変えたいと思うなら、
どのように変えたいのか、
理想的な未来の自分は何なのかを明確にする。
 
コーチングの世界では、それを目標、夢、ゴール、アウトカムなんていうことも。
 
 
目的が明確でないときは、右から左に流れていた情報が、
目的を明確にすることによって、目に留まったりする。
 
なぜなら、ゴールを明確にすることで、脳が必要なものを取捨選択するように働いてくれるから。
 
だから、自分はどうありたいのか、どのような自分になりたいのかを、
まずは明確にする。
 
 
 

 明確なビジョンを描く

 
目的が決まったら、リアルなビジョンを描くこと。
 
例えば、目的を達成した自分が見えているものは何か、
・ どんな働き方をしていて、
・ 何を食べていて、
・ どんな服を着ていて、
・ どんな家に住んでいて、
・ 周りには誰がいて、
・ どのようなことを考え、
・ どのように行動しているのか
などなど。
 
 
これらを目的達成した未来の自分をリアルに感じていく。
 
リアルに感じることで、コンフォートゾーンが変わって、
新しいことに取り組むことが当たり前になり、
当たり前のように目的達成することができる。
 
 
勝負は、このビジョンを明確にイメージできるかどうか。
 
 
 

 手っ取り早くビジョンを明確にイメージするコツ

 
7f59ebb67a4eea9dea63b80915fdda71_s
それは、未来の自分に近い人の近くに行くこと。
 
同じ業界でなくてもいいけど、考え方が近かったり、
ライフスタイルがいいなって思えたりする人がいい。
 
 
私も、インターネット起業をしたときは、
すでに結果を出している人に会うことを最優先した。
高額な塾にも入ったし、
ブログやサイトを見て気になる人にメールでアポをとって押しかけたりなどなど。
 
 
そうしたら、私でもできるなって気になったのね。
 
これがすごく大切なことだと思う。
 
私が未来に得たいと思っているスタイルを築いている人が、
何を見て、何を感じて、何を考えて、どう行動しているのか。
 
会うことで、私はそれを明確にイメージできたし、できると思った。
 
単純だけど、
自分の目指す未来が明確にイメージできて、
その未来の自分が見ている世界を感じることができたら、
それは現実になる。
 
これは、やっぱり真理だと思う。
 
 
今、私の周りには、インターネットを活用して起業したいと思っている人が多い。
私のライフスタイルに興味を持ってくれている人もいる。

だから、例えば私も起業セミナーでは、
私がネットでどんな仕組みを作って、どうやって収益を得ているのか、
どんなメディアを使っているのかをリアルに公開していたりする。
 
このブログではこういう発信を、このSNSはこういう使い方をして・・・・
などなど、生なましく。
 
自分がやるときのことを明確にイメージしてもらうのが目的だから。
ハッキリ言って、理論だけ教えても実際に会う意味がないなと思っているから。
 
もし、たった一人でも、
自分の目指す生き方にフィットしてると感じてもらえたり、
ビジョンを明確にイメージしてもらえたら、
自分らしく生きられる人を増やせると思う。
 
そして、その人がまた、そのhappyな生き方を周りに伝えることができたら、
女性は、日本は、世界は、もっともっと自由に豊かに輝いていけると信じてるから。
 
 
私はビジネスを通してホントに人生変ったから、
ビジネスしたいと思っている人は、モデルケースを見つけて、
自分が欲する未来を見てみる。
そうすれば、筋道が見えてくるから、ステップを踏んでいったらいい。

イメージでたら実践するだけ。
簡単でしょ?

*****
淡麗女子の公式メールマガジンへの無料登録はコチラ
→ http://bhp-office.com/u/lnk/mailwp/

関連記事

  1. 30代の魅力の出し方
  2. 外見を整えてもセルフイメージは変えられない理由
  3. 不安や恐れがある人はラッキー。感情コントロールして幸せになる方法…
  4. なりたい自分が見つからない
  5. 自分の気持ちが言えなくて苦しい人へ。
  6. 淡麗女子への道~会社を辞めても続いていた私のモンモン期の乗り越え…
  7. 自分の性質を知って成長するコツ
  8. 30代は人生を思い通り変えられる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP