淡麗女子のメンタル

30代の魅力の出し方

年齢ってあんまり気にしたことないんだけど、
私は、今33歳。覚えやすいから覚えてるだけで、違う数字だとすぐ忘れちゃう。
 
とはいえ、日本は、年齢を気にする文化だよね。
 
 
確かに一理ある。
日本で生まれて、日本で生きてきた人って、
画一的な経験をするから、年齢を聞くとその人の背景が結構わかったりする。
 
 
だって大体の人は、義務教育の後に、高校、大学、就職・・・って道をたどるから。
 
そして、社会的背景も年齢で大体わかる。
 
80代以上なら戦争を体験して、日本を立て直してきた時代を生きてきた人。
60代~70代なら、団塊なんて言われたりして、とにかく同年代のライバルが多い競争社会で生き抜いてきた人。
40代~50代なら、ジュリアナ的なバブル時代を味わってきた人。
30代なら、子どものころは、「末は博士か大臣か」なんて言われつつ、成人したら日本が凹んでいて、終身雇用があてにならないことを知って生きてきた人。
20代は、「ゆとり」なんて言われたりして。飽食時代、日本が成長しない雰囲気を感じてきた人。
 
 
ちょっと大ざっぱだけど、大体イメージできると思う。
そう、同年代だと見ているものが大体一緒。
 
大体ね。
 
とまぁ、大体の話は置いといて、
30代ですが、まだまだいけますよね?という質問に今日は答えたいと思う。
メルマガ登録時の一言に書いてくれてたメッセージなんだけどね。
 
 
答えは「いけるいける!」としか答えようがないけど。
とは言いつつ、仕事にしても、人間関係にしても、
20代とは違う戦略が必要なのは確か。
 
30代って若ぶれるし、大人ぶれるんだけど、
オトナの魅力を身に着けた人は、40代以降さらに楽しめると思っている。
 
私も20代の時は、若さにかまけて、あきれるような質問をたくさん大人たちにしてきたし、多少礼儀がなっていなくても、目をつむってもらえた。
よく「質問が大胆だね」って言われてたかな。
 
例えば、若いからってだけで、いろんなところに連れていって勉強させてもらえたり、
お箸の持ち方がキレイなだけで、いいとこのお嬢さんって言われたりね。
ミニスカートだって、ゴテゴテしたストーンだらけの派手なネイルだって、
明るすぎる髪の毛だって、それなりに似合ってたはず。
 
 
でも30代は、プラス気品がないとね。
それは、やっぱり内面から。
 
 
相手を気遣える心だったり、
教養だったり、
目標を持って行動できる力だったり、
他人に流されない自分軸だったり、
包容力だったり、
感情をコントロールする力だったり、
美しいお作法・しぐさ・言葉遣い・姿勢だったり。
 
 
外見は、内面の一番外側だから、
中身がグラグラだと、信頼も得られない。
 
20代なら、かまってちゃんでも
「かわいいね」で済まされてたかもしれないけど、
30代は、中身がないと、大人ぶった服装も似合わない。
スーツも着物も着こなせる女性になりたいもんね。
 
 
自分を知って、自分を活かせるスタイルで行動する。
 
それが30代の魅力の見せどころかなと思う今日このごろ。
 
 
そのための経験は充分してきたはずだから大丈夫!
学生時代の恥ずかしい体験も、元彼とのケンカも、仕事での失敗も、
全部肥やしになってるでしょ?
 
 
P.S.
なんで体育をブルマ姿でしなきゃいけなかったのかは、未だに謎だわ。

* * * * *
淡麗女子の生き方を垣間見たい人こちらからメルマガ登録☆
→  http://bhp-office.com/u/lnk/mailwp/

関連記事

  1. 選ぶのは結局、自立したイイ女。
  2. 学生時代のうちにしておきたい5つのこと~自分らしく生きるために~…
  3. ブレーキかけながら生きるとエネルギーを消耗しすぎる件
  4. 行動に移すコツ~モチベーションスイッチの押し方~
  5. 前に進めばいいってもんじゃない。
  6. コンフォートゾーンを変えるというサイエンス~目的達成するために~…
  7. 自分の基準で生きる
  8. 幸せとワクワクの決定的な違い。安定して生きる方法。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP