淡麗女子の仕事・ビジネス

【信用】と【信頼】の違い

今日は役所でいろいろ手続きしていて、
「融通利かないなぁ。
上司も信用してない人を窓口に立たせるから、こんな対応しかできないんだろうな。」

 

なんて思っていた時に、ある社長からお誘いを受けて、お食事に行ってきた。

 

そこでの話題になったのは、「信用と信頼はどう違うか?」ということ。

 

社長曰く、
「信用は相手と2人だけ間で完結してしまうけど、
信頼している人は第三者にも紹介できる関係だ」と。

 

信頼できる人には、
「出資お願いしたいから○百万円ここに振り込んでください」
って言われたら、内容を確認せずに即日振り込めるらしい。

 

でも、一千万円超えたら話聞かせてと言われたけど。

 

ということで、こちらからの出資のお願いは2つ返事でOKだったわけだけど。

 

それから、信用と信頼について考えてみた。

 

銀行で融資を受ける時、
「信用貸し」ってあるけど、「信頼貸し」ってない。
信用貸しって、過去の実績からしてくれるもの。

 

信頼関係ってあるけど、信用関係ってない。

 

そうか。
【信用】って過去の行いから生まれるものだけど、
【信頼】は、未来に向かって期待しているに心の状態なのかも。

 

だから、その社長も信頼している人は第三者に紹介できるって言ったのか。
と勝手に納得した。

 

役所の窓口の人だって、頑なにガイドラインやマニュアルを守らなくたって、
信頼されてたら、融通利かせて対応しても上司に文句言われないと思うんだよね。

 

だって、ガイドラインってスタンダードなケースを前提にしているから、
特別な事情のあるケースはそれに合わせて対応変えないといけないはず。
それが法の趣旨にも合致してるし。プロならちゃんと勉強してほしい。

 

ごちそうになった帰りに、
「人間の一生なんて宇宙に流れる時間に比べたら一瞬なんだから、
自分の価値を後世に残せる仕事をしなさい。」

 

というありがたい言葉をいただいた。

 

自分と向き合ったり、時流やニーズを読み取るのは、
時に唸ったり考え込んだりするときもあるけど、

 

社会に価値のある仕事をしたいっていう気持ちがあるから、
私は毎日飽きもせず仕事してるんだなって思った。

 

仕事ってやっぱり面白い。
信頼してもらえる仕事をしていきたいな。

 

関連記事

  1. 夢を叶えるために必要な4つのこと〜モチベーション維持のコツ〜
  2. メイクアップとビジネスの共通点
  3. 独りよがりビジネスしていませんか?
  4. 30代モンモン期脱出のためにわたしがしたこと
  5. 自分のビジネスを持てば幸せになる?
  6. 自分の放送局が持てる時代
  7. 取り柄がないとビジネスできない?
  8. 頑張りすぎちゃうあなたに脱力のススメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP