未分類

起業したい人のスタートアップ方法2つ

起業したい。自立して生きていきたい。でも、何をすればいいかわからない。
どんな仕事で起業するかは、ホントにその人の価値感次第と言うところがある。
大きく分けて、①好きなことで仕事をすることに価値を見出す人、
②働き方に価値を見出す人、の2通りがある。
以下、それぞれのスタートアップの方法について述べてみる。

 好きなことを仕事にしたい人の場合

 
例えば、ピアノが好きで、いろんな人に自分の演奏を聞いてもらいたい。
これは、好きなことを仕事にしたい人。
 
その場合は、まず、自分がピアノを演奏できることを公言すること。
どんな曲目が得意で、どんな場面で役に立てるかも含めて。
 
そしたら、たまたま言ったレストランバーで生演奏を依頼されたり、
知り合いの結婚式での演奏をお願いされたり、
演奏会にお誘いがあったり、
ホームパティ―に演者として招かれるかも。
 
公言することでチャンスはやってくるし、
自分のアンテナも立つ。

無言実行も大和撫子の気品かもしれないけど、
有言実行も、大和撫子の覚悟だよね。
  
公言するというのは、出逢う人に伝えるのも一つ。
そして、web媒体で情報発信するのも一つ。
Web媒体というのは、ブログやfacebookやTwitterやyoutube、インスタグラムなどなど。
 
私も、Web媒体はいろいろ持っているけど、いろんなところからいろんな依頼が来る。
取材の依頼とか、出演の依頼とか。
 
そう意味でも情報発信の影響力はすごい。
 
そして、本気であればあるほど、周りの人が助けてくれるしね。
 
 
 

 実現したい働き方がある場合

好きなことで仕事をするというよりは、仕事の仕方を重要視する人もいる。
例えば、時間や場所に縛られずに仕事がしたいという人。
 
この場合は、自分が得意で、かつニーズがあるサービスを仕事にすることになる。
実は、私のスタートはこの考え方。
母を看るにはこの方法しかなかった。
 
 
やり方を決めて、それに見合ったサービスを考えていくことになる。
ビジネスのテーマを決め、ターゲットを決め、
マイメディア、商品、販売、決済までの導線を引いていく。
 
    
いずれの場合も、
情報発信が自分のブランディングであり、セールスであり、サービスになる。
  
  

 起業後に辿る道

入り口はどちらであっても、最終的には、オンラインもオフラインも使って、
ビジネスを大きくしていくことになる。
よっぽど人間が苦手でない限り、それが、ハッピーな仕事の仕方かなと。
 
 
私も、始めはオンラインのみで仕事をしていたけど、
今は、オフラインやいわゆるリアルビジネスもしている。
 
どちらにせよ、情報発信することで、オンラインもオフラインも充実してくる。
というのが私の実感。
 
 

 まとめ

価値観って人によって違う。
楽しさ、やりがい、お金、時間・・・。
あなたにとっては何が大切?
 
 
やりたいことがあるなら、行動あるのみ。
何で起業したいのかわからない人は、
好きなことを仕事にしたいのか、
好きな働き方で仕事がしたいのか、
自分の胸に聞いてみる。

価値観に合った仕事をすることが、happyにつながる。
 
 
ビジネスに必要なマインド、ノウハウ、Q&Aなどメルマガで配信中。
登録は以下よりどうぞ☆
http://bhp-office.com/u/lnk/mailwp/

関連記事

  1. ネガティブな感情からやりたいことを見つけてみる
  2. 引き出しの多さは魅力の一つになる
  3. 面白くない仕事から脱出するためにしたい質問
  4. 淡麗女子会の様子をスライドショーにしてみた
  5. メイクアップとビジネスの共通点
  6. 取り柄がないとビジネスできない?
  7. 売り込まない営業ってあり?
  8. 仕事できる人がついつい使っちゃう【D言葉】って知ってる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP