淡麗女子の美学

選ぶのは結局、自立したイイ女。

「他人は変えられない」というのは、ある意味真理で、
楽に生きていくコツではある。
他人を操作しようとする生き方には限界があるし、
健全じゃないと思うから。

しかし、自分が言葉を発して、相手に届くのであれば、
少なからず他人に影響を与えることはできる。
 
  
学生時代、自分は社会を変えられると思っていたような青臭さで、
私は今も、淡麗女子という文化を提唱し、広げていくことができると信じている。
 
 
それは、女性が活躍できる社会は美しいと思うから。
女性のイキイキとした活力が、世界を動かす。
  
  
今の時代、自分の母親や、会社の上司の生き方は、
私たちのロールモデルにはならない。
 
成長期を終え、成熟期にある日本では、
国のお金の使い方も、
私たちのお金の得方も一世代前とは変化している。
 
そして国からの監視もきつくなり、
金銭的な財産も次の世代に残しにくくなる。
 
 
そして、私たちの次の世代は、さらに早い自立を求められる社会になる。 
 
少年法対象年齢の引き下げ、
選挙権年齢の引き下げ、
成人年齢の引き下げ、
相続税の増税、
大学への飛び入学制度の導入、
・・・
 
 
そのような議論や現状を見聞きして私は、
自立した成人を増やそうとする日本の意思を感じている。
  
 
そんな中で、輝いて生きるには、自分らしく自立すること。
精神的にも、経済的にも。 
 
インターネットインフラが整って、
情報発信手段も拡充し、
選択肢が増える分、
10代で起業する人も増えてくる。
そんな社会を生きる、私たちの子どもたち世代に、
私たちは何を伝えることができるか。
 
 
依存できる良い結婚相手を選ぶ方法か、
それとも、
自立して生きていく方法か。
 
答えは明白。
 
 

ic1dX3kBQjGNaPQb8Xel_1920 x 1280

何にもできないお嬢様が好まれる時代は終わった。
高学歴、高収入、高身長の男性が、女性を選ぶ時代も終わった。
男性だって、自立した女性をパートナーとして望むだろうし、
それが自然なカタチだと思う。
  
自立するとは、男性と肩を並べて勝負するという意味ではない。
 
筋肉の付き方、
脂肪の付き方、
脳梁の太さ、
体の構造、
ホルモンの分泌量、
性遺伝子
などなど
 
セクシャルな差はあるもの。
男性的な格好をして、ジェンダーレスを薦める気もない。
 
 
性質が違うものどうしだからこそ、
お互いの強み弱みを認め合って、助け合えたらカッコイイ。

 
だから、「女性の活用」なんて言う、上からの論理ではなく、
女性がライフもワークも自分らしいスタイルで築く方法を、私のスタイルで発信していきたい。
という私の決意表明。

関連記事

  1. なりたい自分が見つからない
  2. ワビサビとワサビ
  3. 何を捨てるかで人生は決まるけど、あなたはどうする?
  4. 自分の取り柄なんて見つからない
  5. いい女は時間をコントロールしてる。
  6. 外見を整えてもセルフイメージは変えられない理由
  7. 自分に正直に生きるという覚悟
  8. 男同士が抱き合う姿に興奮した話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP