淡麗女子のインターネット起業

起業するなら会社を辞めたほうがいいですか?

自分でビジネスをすると、なんでも自分で決められるし、
いつ、どこで、どんな仕事を誰とするかも自由。
そのおかげで、私は母の看病をしながら仕事ができた。

ただ、【自由】と【安定】は別物。

毎月決まった収入がない不安感って、
ビジネスの選択を誤らせることもある。

売りたいがために、誇大にアピールしてみたり、
したくもない仕事を引き受けてしまったり。

という人をよく見かけるから。。。

私の場合は、気楽でのんびりした性格が一番大きいけど、
多少の貯金があったし、
自分一人の生活費くらいなら、稼げるスキルもあったので、
全く気にせずに、旅行なんてしたりもしてたけど、
みんながみんな、そういうわけではない。

「起業するなら、すっぱり会社を辞めたほうがいいですか?」
という質問に対する答えとしては、
できれば辞めない方がいいと思う。
入りを0にするのは、精神衛生上あまりお勧めしない。

会社によっては副業禁止規定なんかもあるけど、
本業に影響しない限りは、会社も辞めさせる理由がないしね。

大企業になると、人事が副業チェックなんて言って
インターネットの検索をかけたりするみたいだけど、
その本質は、会社のイメージダウンや会社への不利益を防ぐため。
(当該人事担当者がどんな意図でしてるかは別にして。)

だから、会社に勤めている限りは、
その辺りのエコロジカルチェックはしたほうがいい。

でも、実際には、副業に目をつむっている会社もあるし、
会社にぶら下がる従業員より、
独立志向のある従業員を求める社長の方が多いと思う。

経営者の視点って、経営しないとわからない部分が多いし。
そういう視点をもった従業員がいるのは、会社にとってプラスだと思うから。

だから、就業規則上は副業禁止だけど、口約束でも個別の労働契約で、
副業を認めてもらえるとベストよね~。

ということは、そういう、モノ言える立場を築けるくらい会社に貢献してないとね。

私のおススメは、まずは小さく始めて、賢く稼いでいくこと。
始めは趣味みたいな感じでもいいから、稼ぐという経験をすること。
そこから始めて大きくしていけばいい。

辞めるのは感覚を掴んでからでも遅くない。

あ、でも
「最高裁の判例によると、就業時間外の拘束に当たるので、副業禁止規定は無効です!」
なんて言っちゃうと、却って会社に居づらくなるから注意してね。

関連記事

  1. 引き出しの多さは魅力の一つになる
  2. 自撮り写真はブランディングに必要か?
  3. 30代モンモン期脱出のためにわたしがしたこと
  4. やりたいことがあるなら。
  5. 女性経営者のための淡麗女子研究室はじめました
  6. 私の活動の原点
  7. 淡麗女子会の様子をスライドショーにしてみた
  8. 資格やお金がないと起業できない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP