淡麗女子の旅

冒険と安心のバランス

海外に行ったとき、スターバックスを見つけると妙に安心する。
多少日本よりコーヒーが薄くても、同じようなサービスとwifiが利用できると思うから。
 
マクドナルドもしかり。
インターネットで調べ物をしたり、
お手洗いを利用したいなら、まず間違いない。
 
なので、海外では日本以上にスタバのヘビーユーザーになってる私。
 
チェーン展開してるお店って、
平均的な味を平均的な価格で提供してくれるから安心できる。
ファミリーがファミリーレストランを利用するのも、
子どもを連れて冒険しにくいって理由があると思う。
 
チェーン店に奇抜なサービスや味は求められていない。
 
 
反対に個人経営のお店なら、他とは違うことが強みになる。
平均的な味を平均的な価格で提供していたら、
価格競争に巻き込まれるだけだし。
大量仕入れできない個人店は、それに巻き込まれるとしんどい。
 
だから、小さくビジネスを始めるなら、
他とは違う視点とか、ポジショニングが結果にダイレクトに響いてくる。
 
 
ただ、スタバのようなグローバルなチェーン店でも、
ローカルな配慮は必要なんだなと感じた、あるラマダンの日。
飲んだり食べたりできないイスラム教徒を考慮して、
店内目隠し状態@インドネシア
休みかと思った。

関連記事

  1. 海外女一人旅8個のメリット
  2. 海外旅行のススメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP