淡麗女子の仕事・ビジネス

私の活動の原点

行政書士、夫婦カウンセラー、経営サポート、webマーケティング、起業コンサル、調理師、醤油屋・・・
などなど、いろんな側面を持っている私。
 
いずれも、「自分らしく生きる」ということをテーマに活動している。
ビジネスを通して、人間関係を通して、食を通して、それを伝えることがわたしのテーマ。
 
どれもやりがいがあるんだけど、商いやマーケティングについて本腰入れて学びたいと思ったのは、
夫婦カウンセラーになってから。
 
夫婦問題の相談を受けていると、経済的に自立していれば、もっと人生の選択肢が広がるのに!
という思いから、家事と両立できる仕事のやり方を追求したくなったのもある。
それに、経済的自立って女性にとって必要だと強く思うようになった。
 
夫婦問題から、起業の仕方までレクチャーできるカウンセラーっていてもいいよね。
行政書士というリソースも私にはあるし。
    
  
現実問題として、離婚相談を受けていて、別れたほうがいいと思っていても、
別れられないのは、経済的な問題が多かったりするのが事実。
それって不自由すぎる。
 
そして、経済的に自立しているカップルは、いい関係を築きやすいと、私は感じている。
 
  
よく、芸能人が離婚しやすいのは、1人になっても経済的な問題がないから、という人がいる。
経済的に自立してると離婚しやすいと言いたいのかもしれない。
しかし、私が思うのは、経済的に自立してるからこそ、選択肢があるということ。
経済力を人質に離婚できなくする社会ってどうなの?
  
  
経済力がないために、我慢しなければならない婚姻生活ってなんだかつらい。
それに、子どもがいながら、働くって大変なこと。
ただでさえ、拘束時間の長い日本の企業。
フルタイムで働くだけでも、乗り越えなければならない問題がたくさんある。
だとすれば、雇われる以外の働き方も選択肢に入れてほしい。
  
   
一昔前の女性のステレオタイプは、
扶養家族から扶養家族へ。
 
そんな時代もあった。
 
しかし、祖母や母の時代の生き方は、もはや踏襲できないのが今の時代。
 
 
よく、「結婚は忍耐。」
そんなことを言う人もいる。
 
確かに、他人と生活をするということは、そういう側面もある。
でもそれが本質ではないはず。
  
 
しかし、出産や育児でキャリアをストップして、
経済力がなくなった瞬間に、
言いたいことが言いづらくなったり、
好きなものが買えなくなったり、
気軽に友だちと遊びに行けなくなったりする人がいる。
  
そこに罪悪感を持つ必要はないんだけど、
真面目ゆえに、持ってしまう女子特有のジレンマ。
 
収入を得てなくたって、子どもを育てたり、家事をしたり、
究極を言えば、存在しているだけでも価値があるのに、
いままで、真面目に生きてきた人ほど陥ってしまう。
 
そんなとき、家でも自分のできる範囲で収入を得ることができたら、
どれだけ心が軽くなるだろうか。
  
 
離婚も推奨しているわけではないよ。念のため。
 
それぞれの考え方で、それぞれの選択肢があって良いという話。
自分の幸せがどこにあるか。
そこには、他人の評価なんて介在させる必要はない。
 
もちろん、結婚についても同じ。
法律婚でも、住民票婚でも、同居でも、別居でもカタチはたくさんあっていい。
 
純粋に、人生を共にできるパートナーとオリジナルなカタチを築いていければ。
 

でね、夫婦問題とビジネスサポートって全然関係ないかっていえば、とっても関係あり。
夫婦関係でエネルギー使いすぎて、仕事に支障きたしてる経営者もいたりして。
そういう時は、人生無駄はないなって思える。笑 
 
働いて、心地良いパートナシップを築いて、
あとは、美味しいごはん食べれたら、なんだってうまくいく♪

ということで、
1 潔く、しなやかに、美しく、生きる。
2 自分の基準を持つ。
3 精神的、経済的に自立する。
4 心とカラダを大切にする。
5 社会に自分の価値を提供したいと思っている。

そんな自分らしく生きたい淡麗女子さんはコチラからメルマガに登録をどうぞ。
→ http://bhp-office.com/u/lnk/mailwp/
質問回答再会していきます。

関連記事

  1. 頑張りすぎちゃうあなたに脱力のススメ
  2. 幸せな経営者考察~あなたは自分を受け入れてる?~
  3. メイクアップとビジネスの共通点
  4. 女性起業家のセミナーに行っても、女性起業家の本を読んでも 何をす…
  5. 女性起業家の意外な共通点
  6. 起業するなら会社を辞めたほうがいいですか?
  7. 自分の放送局が持てる時代
  8. 「道」という哲学

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP