淡麗女子の仕事・ビジネス

自分のビジネスを持てば幸せになる?

インターネット起業って誰でも簡単にできるから、
自分のビジネスを持つことなんて、
すぐできる。
 
でも、始めても数万円すら稼げない人がいるのも事実。
 
これだと、生活するのもしんどくて、幸せそうにない。
 
 
 
じゃぁ、稼げるようになれば幸せになれるのか?
 
それはどのくらい?
 
30万円?
500万円?
1億円?
 
 
私がビジネスを始めたとき、
 
いろんなサイトには、
「年収1億円への軌跡」
とか、
「1億円を目指す○○のブログ」
 
みたいなキャッチフレーズが多すぎて、
ほんとセンスないな・・・
って感じてた。
 
少なくとも私の感性には引っかからなかった。

 
目指すのが金額ってなんか違うんだよな~って思ってた。
 
内容見ても、書いてることが薄っぺらいなって。
 
そのアンバランスさに私は違和感を感じていたのかも。
 
 
別に稼ぐなら、1億でも100億でも稼げばいいし、
自分でビジネスを持つということは、
それも可能な世界。
 
ただ、それをするには、それ相応のリスクや覚悟もいること。
 
 
寄ってくる人間の質も変わるし、
いろんな感覚、
基準値
全てが現状とは変わる。
 
 
それは、1億稼がなくても、数千万円でもそう。
 
 
私ですら、サラリーマン時代に見ていた景色と
今のそれでは大きく違います。
 
 
そこで、私が大切だと感じているのが、
自分の器を知ること。
 
 
なぜかって、
自分の器以上のものを手にするって、
かなりしんどいことなんだと、
いろんな人を見ていて思うから。
 
 
イケイケでビジネスをどんどん膨らましていって、
従業員をどんどん雇って、
箱をどんどん大きくして、
売上がうなぎ上りで・・・
 
 
でも、その会社の社長の器が育ってないと、
急に責任の範囲が大きくなって、
何十人、何百人のステークホルダーの生活を背負って、
お客さんの期待を背負って苦しくなって、
 
人件費、固定費、先行投資・・・
と目の前の支払いをすることに脳内シェアのほとんどを奪われていって、
心の豊かさをなくしていく。
 
友だちは去っていき、
信頼できる人も誰かわからなくなり、
家族もバラバラで・・・。
 
 
そんなの幸せとは程遠い。
 
 
だから、何かを得るには、自分もそれ相応の器を持つことが必要。
そう思う。
 
 
 
その器を広げるには、
努力だったり、思考の鍛錬だったり、
失敗だったり、成功だったりの経験を繰り返して行く必要がある。
 
それは、自分に負荷がかかること。
 
 
でも、やることが明確で、自分のなすべきことが分かっていれば、
迷わないし、それを苦労とも思わない。
 
 
自分のビジネスを持ちたい。
そう思っている人、多いと思う。
 
 
そんな人には、ぜひ、自分の価値を知ること。
そこから始めてみませんか?
 
自分のありのままの価値を知り、
自分に何ができるか、
自分は何がしたいのか。
 
それを考え続け、自分の器にあった行動をし続けることによって、
自分のhappyを見つけられると思うから。
 
 
幸せのためにはある程度のお金も必要。
でも、幸せはお金で買えない。
 
自分の器にフィットしたビジネスや暮らしを展開することで、
しみじみ感じるものなんじゃないかな。

 

関連記事

  1. 自撮り写真はブランディングに必要か?
  2. 半値八掛二割引き
  3. 起業したい人のスタートアップ方法2つ
  4. 何かを得たいなら努力する。好きなことなら続けられる。
  5. 独りよがりビジネスしていませんか?
  6. 平凡コンプレクス
  7. やりたいことがあるなら。
  8. 女性起業家の本を読み漁ってしまう症候群

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP