淡麗女子の恋愛・結婚

私が惚れてしまった人の話。

「駆け抜ける歓び」といえば、BMW。
などと思いだしたのも、最近トヨタのハイブリット車に乗り換えて、
地面に吸い付くようなあの加速に飢えてるのかも。
 
街乗りにはサイコ―だけど、高速ではね。。。
とは言っても、下道だと30km/ℓ、高速でも20㎞/ℓとか出してくるから、
性能は素晴らしい。近所の買い物にはベストチョイスだね。
 
というのは、置いといて、今日は私の好きな人についてのお話。
その人を箇条書きにすると、こんな感じ。
 

***********
 
・大人の哲学を持ち、子どものような純粋さを持つ人。

・主流なのに、心は反主流である人。

・スーツを着こなすが、ジーンズもはきこなす人。

・人生も語れるが、ジョークもうまい人。

・有意義も好きだが、無意味なことも好きな人。

・ワインにも詳しいが、恐竜にも詳しい人。

・常識は持っているが、決して縛られない人。

・ITには強いが、手紙は万年筆で書く人。

・家庭を愛しているが、時には家庭を忘れられる人。

・孤独も好きだが、社交も上手な人。

・常に冷静だが、時に情熱的になれる人。

・クラシックも聴くが、ロックも愛している人。

・自信はあっても、過信はしない人。

・美術館にも行くが、ジムにも行く人。

・協調もできるが、反論もできる人。

・夜更かしはするが、朝きちんと起きる人。

・守るものが多くても、冒険できる人。

・部下には優しいが、上司には厳しい人。

・食べるのも好きだが、料理もできる人。

・上質にこだわるが、贅沢は好きじゃない人。

・自分の誕生日は忘れても、約束の時間は守る人。
 
***********
<BMWカタログより引用>
 
 
・・・そう、実は、10年前のBMWのコピーでした。
内容ももちろん、このセンテンスをつなぐ「but」がとってもセクシー。
こんな接続詞の使い方ステキすぎる!
 
 
こんなふり幅の大きい人いたら惚れてまうやろ。 
なんて思ってたけど、自分がそうなりたかったのかも。
 
だって、淡麗女子のススメって、こういうコンセプト。
 
クールでかっこいい大人でありながら、
キュートで無邪気なガールでもある。
 
論理的に物事を考える知性を持ちながら、
豊かな感性で包み込める。
 
そんなバランスと調和を大切にできる、
【淡麗女子】という生き方ができたら最高でしょ?
  
  
あのコピーから、10年経った今思うことは、
自分が理想に近づけば、周りにはそういう人が集まってくるってこと。
 
 
昔は、弱いものに対して偉そうにして、強い人にヘイコラする人が大嫌いだった。
そういう人ばかり目についてた。
きっと、自分のそういうところが嫌いだったんだろうと、今は思う。
 
 
今は、闘う術を知らなかった昔とは違う。
ママの靴では速く走れなかったけど、
脱いでしまえば、自分にピッタリの靴だって見つけられる。
 
今は、自分の意見を言えるし、伝える方法だって知っている。
仲間を見つける方法だって。
 
男性みたいな体力はないけど、ペンでは勝負できる。
インターネットがあれば、誰でも自分発の情報を簡単に速く届けることができる時代。
 
 
たまに、仕事で企業に行くと、おじさん部長に舐めてかかられることもあるけど、
だからって、巻かれて楽しようとも思わないし、
自分の軸がぶれることもない。
 
会社員時代は、社長に反抗して周りに迷惑かけたこともあったけどねw
 

あなたはどんな人が好きですか?
淡麗女子が好きという人は、コチラから繋がってくださいな。
→ http://bhp-office.com/u/lnk/mailwp/

関連記事

  1. モテる人の共通点はジェンダーミックス。仕事も恋愛もモテた方が上手…
  2. 「絶対できるよ」と言ってもらえる人に会う
  3. 幸せとワクワクの決定的な違い。安定して生きる方法。
  4. 平凡コンプレクス
  5. ゴールをどこにするか問題
  6. 自分の触感を高める
  7. やりたいことがあるなら。
  8. 男同士が抱き合う姿に興奮した話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP