淡麗女子の恋愛・結婚

女と男のパートナーシップ

私は、男女関係って、
人生で一番コアなパートナーシップだと思ってる。
  
  
女とか男とか関係ない、っていう人もいるけど、
出るホルモンの違いを考えても、男女って補完しあえる関係。
(LGBTなどバラエティ豊かなジェンダーの問題はここではおいておく。)
  
 
第一、両性があって、初めて子孫を得ることができるから、
私たちの力では抗いきれない何かが男女にはあるはず。
発達した脳や、理性を持っていると言っても、人間は生物の1つだから。
 
 
この女と男のパートナーシップって、
人生のいろんな活動の基本になる。
 
 
結婚相手に限らず、パートナーシップがうまくいっている人は、
いろんなことがうまく行きやすい。
 
 
付き合ってて気持ちいいし、
仕事をしても、余計な気を遣わず、建設的に話を進めていける。
周りをいい雰囲気にすることができる。
 
 
よく配偶者のことを、便宜上使うならともかく、普段から、
「旦那」とか、「主人」とか、「嫁」とか、「奥さん」とかいう人がいる中、
 
相手のことを、名前で呼んだり、「連れ合い」や「相方」、「パートナー」っていう人って、
相手を自分と同じ重さでリスペクトしてるんだなって感じる。
 
 
妻は、陰の存在ではないし、
夫は飼い主でも雇い主でもないから。
 
 
相手をリスペクトして、頼りにしてる感じがいいなって思う。
依存ではなく、頼るってのがミソ。
 
 
 
他方、パートナーシップがうまくいっていない人は、
私を認めてよ~わかってよ~オーラが強く、
 
仕事をしても愚痴が多かったり、
街を歩いても嫌なことが目につきやすかったり、
美味しい食事も、楽しくなさそうだったり
そういう人が多い。(千裕調べ)
 
 
つまり、周りに気を遣わせる人。
 
 
話は自分の話ばかり。
自分が注目されないとすねる。
自分の正当性ばかり主張する。
自分の思うとおりに行かないと機嫌が悪くなる。
レストランで偉そうにする。
 
こういう環境汚染する人、周りに居ませんか?
 
こういう人は、結婚していても、
依存的な夫婦関係を築いちゃってるんです。
 
 
だから、私は同じ能力の2人が、仕事を依頼してきて、
どちらか1人を選ばないといけないときは、
パートナーシップがうまく行っている方を選ぶ。
 
 
その方が、気持ちよく仕事できるもん。
 
コアな部分がうまくいっていない人だと、
仕事をうまく進めるために、
その人をヨイショしたり、おべっか使ったりと、
気ぃ遣うねん、ほんま(笑)
 
 
 
サラリーマン時代だと、なかなか付き合う人を選べなかったけど、
今は違う。
 
自分が気持ちよくないものをどんどん削いで行けることも、
独立してよかったと思える瞬間。
 
 
今は、ほぼ好きなことだけして生きてるけど、
好きなことだけするっていうのは、
嫌いなことを捨てていくということ。
 
その空いた空間に、好きなことを入れていけばいい。
というか、勝手に埋まっていく。
 
 
もちろんその判断の責任は全て自分だけど、
この自由さが心を豊かにしてくれてるな~と感じる今日この頃。

 

 

関連記事

  1. 結婚するための自分磨きはやめる。
  2. 逃げ恥最終回に学ぶ結婚の条件~お金か家事か既婚者という社会的地位…
  3. 離婚する人の共通点は、結婚する理由にあった〜「この人を幸せにした…
  4. 私が惚れてしまった人の話。
  5. 「ありがとう」の反対は「当たり前」
  6. パートナーとうまくいかないと思ったら?
  7. 30代の魅力の出し方
  8. ひとりでも生きていけるふたりが、それでも一緒にいるのが夫婦だと思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 6月 04日

淡麗女子の無料メールマガジン

follow my instagram!

Twitter でフォロー

PAGE TOP